homemade camp(ホームメイドキャンプ)

手作りキャンプを楽しむためのおすすめ情報をお届けするwebサイト

調味料入れはおしゃれで使い勝手抜群の196の”スパイスボックス”がおすすめ!

      2018/09/14

キャンプにおいても美味しい料理を作るためには調味料は欠かせません。

塩や胡椒・醤油に油と料理に使う調味料はたくさんあります。

そんな訳でいい感じの調味料入れを探していたところ、196”スパイスボックス”を発見。

早速購入して現在使っているのですが、おしゃれで使い勝手がよいスパイスボックスでとってもおすすめです。

196のスパイスボックス

196とは

196(イチ・キュー・ロク)は本拠地を高知県に構える、木製キャンプ用品を作っているブランド。

材料の木にこだわりを持っており、四万十川流域で育てられたひのき「四万十ひのき」を主な材料として使用しています。

ちなみにブランド名の196は、四万十川の距離が196kmあるところから付けられています。

196 スパイスボックスの特徴

196の中でも人気のアイテムなのがスパイスボックス。

そのスパイスボックスの特徴はこんな感じです。

自然に馴染むひのきの風合い

上品な雰囲気があるひのきが使われており、キャンプ場でも周りの自然に溶け込むように馴染んでしまいます。

無垢のひのきなので経年変化も楽しめるのも嬉しいポイントです。

丁寧な仕上げ

ひとつひとつ手作業で作られており、細部も丁寧に仕上げられています。

しっかりと仕上げられている面取りは、触った時に気持ちいいと感じるほどです。

キッチンペーバーホルダーとしても使える

普段は持ち手として使う上部の棒にキッチンペーパーを通すことで、キチンペーパーホルダーとしても使えます。

キッチンペーパーは使い終わった食器や鍋を拭いたり、網に油を引く時に使ったりと出番が多いアイテムなので、このホルダーは非常に重宝します。

キッチンペーバーホルダーとしても使いたい方は、”スパイスボックスカバー”があるとより便利になるので、一緒に揃えるのがおすすめです。

スパイスボックスのサイズは2種類

以前はスパイスボックス(大)がありましたが現在生産終了となっており、現在は2種類となっています。

スパイスボックス(小)

  • サイズ:W26.5xD7xH30.5cm
  • 重さ:350g

無印の詰め替えボトルが6本ちょうど入る大きさ。

調味料をコンパクトな別容器に移し変えて使う方におすすめのサイズです。

スパイスボックス(ロング)

  • サイズ:W26.5xD14xH30.5cm
  • 重さ:580g

奥行きが”小”に比べて2倍の14cmになったモデル。

調味料をそのまま入れても問題ない大きさで、料理に力を入れており、よりたくさんの調味料を持っていきたい方におすすめのサイズです。

調味料入れ以外の使い方もOK

基本的な使い方はスパイスボックスなのですが、キャンプ小物やコーヒーセットなどを入れて使っているキャンパーさんも多くいます。

キャンプサイトに置いておいても映えるデザインのボックスなので、色々と試しながら自分に合った使い方を探してみるのも面白いかもしれません。

 - キャンプ用品 ,